コンビニでの節約
以前より少し安くなったとは言え、コンビニエンスストアの価格設定は少し高めです。節約のためには、コンビニを利用しないに越したことはありません。しかし、さまざまなシチュエーションで、コンビニを利用することなしには、快適な生活ができなくなっていることも確かです。コンビニでの節約方法について、ご紹介します。

■クオカードで節約

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートでは、プリペイドカードのクオカードが利用できます。10,000円で購入できるカードは10,180円分利用できますし、金券ショップで買えばさらに安く手に入ります。金券ショップで9,700円で入手できたとすると、約5%引きで買い物できる計算です。

■Edyで節約

ローソン、ファミリーマート、ampm、サークルK、サンクス、ポプラ、くらしハウスでは、電子マネーEdyが使えます。割引になるわけではありませんが、Edyチャージをクレジットカードで行え(=ポイントが貯まる)ます。公共料金の収納代行でもEdyの支払いは認められているので、実質的にクレジットカードで払っているのと同じことになります。

■クレジットカードで節約

ローソン
ローソンパスの利用で一部商品は会員価格で購入できます。また、購入とクレジット精算でポイントが貯まります)。 JALマイルの稼げるカードもあります。

ファミリーマート
毎週火曜日と土曜日はカードの日。ファミマTカード の利用で、例えば会員限定割引などのお得がいっぱいあります。 さらに、TSUTAYAのTポイントが貯まります。

サークルK・サンクス
カルワザカード でクレジット払いにすると、ポイントが貯まります。

■ローソンの現金専用ポイントカード

ローソンには、クレジットカードのローソンパスがありますが、このほかにマイローソンポイントという、現金専用のポイントカードもあります。スーパーのポイントカードと同じ仕組みで、100円で1ポイントたまり、1ポイント=1円相当で、300ポイント以上たまればクーポン券に引き換えてもらえるものですが、ローソンならではの特典として、他にもいろいろと使えます。

一番のおすすめの使い方は、お試し引換券として、限定商品に試供品のように交換することです。例えば、20ポイントで500mlのお茶のペットボトルや350mlの発泡酒がもらえたり、15ポイントでガムがもらえたりします。この場合だと、1ポイント7円くらいに相当します。


トップへ