FPについて FP入門講座開講
私が取得したFP(ファイナンシャルプランナー)資格の概要を説明しましょう。

■FPとは

FP(ファイナンシャルプランナー)とは、日本ファイナンシャルプランナーズ協会のAFP、CFP(CFPが上位)資格者と、厚生労働省の1級〜3級ファイナンシャルプランニング技能士のことを言います。資格取得に必要な知識は、金融資産、保険、不動産、ライフプランニング、相続、税金と幅広く、有資格者は個人のマネーの専門家と言えます。私は、AFP資格と2級ファイナンシャルプランニング技能士資格を有しています。(※ AFP資格は返上しました。)

■FPはお金になる?

「FPは就職に有利」という声がよく聞かれますが、非金融の一般企業ながら人事で採用活動をしたこともある私の経験で言うと、一般企業の就職ではあまり役に立つとは思えません。企業にもよりますが、採用活動では資格よりもポテンシャルを評価することが多いです。もちろん、価値ある資格だと別かもしれませんが、FPは有資格者が多く、それほど高い評価は出来ません。また、まだ日本には、マネーの相談にお金を出すということに抵抗を感じる人が多いため、独立開業も困難なのが実状です。

■FPになるメリット

では、何のためにFPになるのか、メリットは何なのかというと、自分や周囲のマネープランに役に立つ知識を体系的に身につけることが出来ることが最大のメリットではないかと思っています。私も、自身の保険の見なおしや、住宅ローンの見なおし、資産の運用、両親の年金のアドバイスにより、資格取得にかかった費用のもとは充分に取れたと思っています。また、兄弟や会社の友人などにもアドバイスを行って、喜ばれています。まとめると、FPで収入を増やすことは難しいかもしれませんが、FPになれば、自然と無駄な出費を抑えることが出来るようになると思います。

■FPになるには

FPになるには、独学でも無理とは言いませんが、やはり体系的に学ぶ必要があります。特に、AFP、CFP資格を取るには、日本ファイナンシャルプランナーズ協会の認定講習を受ける必要があります。さまざまな資格学校や通信教育機関が講座を開設していますので、一度検討されてはどうでしょうか。

参考ホームページ  資格の大原 ファイナンシャル・プランナー講座資格の大原 ファイナンシャル・プランナー講座
  ECCビジネススクール
  LEC東京リーガルマインド


トップへ