節約小ネタ集Part1
節約に関するいろいろな小ネタを紹介します。小ネタと言っても、節約額は大きくなるものも。

■映画を安く見る

不思議なほど高い、日本の映画料金。毎回1,800円なんて払ってられません。そんなときにも使えるのが、株主優待券。ネットオークションや金券ショップで1,000円程度で売られています。

■メガネを格安で購入

最近、メガネのディスカウントが多くなってきました。しかし、ブランドのフレームや、度が強かったり、乱視が入っている場合のレンズは高いのが実状です。しかし、これを安く購入する方法があります。「ネットショッピングで節約」でも紹介しているのですが、株主優待券をネットオークションや金券ショップで購入し、大幅な割引を引き出すのです。店頭の割引価格からさらに安くなるので、お勧めです。

主なメガネチェーンの株主優待内容と、
オークションの落札相場

  株主優待内容 落札相場
メガネトップ 50%引 3,000円
ビジョンメガネ 50%引、30%引 3,000円、200円
愛眼 50%引 2,000円
参考ホームページ   aucfan.com 落札相場を簡単に検索できる
  株主優待同好会 株主優待情報を網羅
  Yahoo!オークション 株主優待券を検索
株主優待を知ると定価では買えない

■学生の国民年金保険料を節約

学生なら「学生納付特例制度」を利用し、国民年金保険料の納付をやめてしまうのも一つの手です。この制度は、20歳以上の学生で、前年の所得が68万円(収入がアルバイトだけで扶養家族がいなければ、収入が133万円)以下であれば、申請することにより保険料を納付せずにすむというもの。年金を受け取るときの金額は少し減ってしまいますが、1円も保険料を収めてなくても障害年金の受給はできます。

しかも、10年以内に余裕ができれば追納も認められます。40年先にどうなっているかわからない年金制度にお金を払うよりも、今の生活に使う方がいい人にはお勧めの制度です。ただし、毎年申請する必要があることをくれぐれも忘れずに。

■電池の使い方

最近、デジカメやPDAなど電池を使う場面が多くなっていると思いますが、使えなくなった電池をすぐに捨てていませんか? 使用するのに必要な「残り容量」(実際には電流値)が物によってそれぞれ異なるので、ある物では使えなくなっても、他の物では使えるケースが多々あります。例えばデジカメなどの電子機器やCDプレーヤーなどのモータを使う物は、残り容量が多くないと使えません。一方で、時計やラジオなどは残り容量が少なくても使えます。ちなみに、私は使い終わった電池を「アルカリ電池用充電器」で充電して使えるところまで再利用しています。

おすすめ商品  アルカリ電池を10回程度再充電して使える!!「リサイクルチャージャー ミニ」
アルカリ電池が充電できる充電器『エコ・マルチ2』単1〜4までOK!

■百貨店の友の会で超高利回り運用

百貨店の「友の会」を聞いたことがある方も多いでしょう。でも、そのお得さをご存知ない方も多いのではないでしょうか。

百貨店により多少違いはありますが、多くの百貨店では、毎月一定額を1年間積み立てて、満期になれば積立額1回分多い額の商品券がもらえるしくみです。毎月1万円ずつ積み立てていれば、1年後に13万円になる計算ですね。この低金利時代に、こんな高利回り商品は他にはなかなかありません。しかも、金融商品ではないので、ボーナス分は非課税です。

この他、各種優待サービスや会員限定企画などもありますから、うまく利用したいものです。ただし、そうは言っても百貨店です。店頭価格は決して安くはありませんから、その点だけは注意が必要です。

参考ホームページ   タカシマヤ友の会ローズサークル
大丸友の会
三越友の会
イセタンクローバーサークル
松坂屋友の会カトレヤサークル
阪急友の会

■靴下の買い方

靴下って、片方がダメになると、1足ダメになりますよね。同じのがあればなあと思うことも多いはず。じゃあ、最初から同じのばかり買ってはいかがでしょうか。「3足1,000円」なら、3足とも同じ色、同じデザインの靴下を買うのです。こうすれば、5つダメになるまで全滅しません。片方はまだ履けるのに捨てるという無駄がなくなり、結果、節約つながります。

もともと、ビジネスソックスなら、黒や紺の同じ色がほとんど。シャツやネクタイと違い、同じデザインのものを連続で履いていても、他の人にはわかりません。


トップへ