航空会社のマイレージ

タダで航空券がもらえるマイレージプログラムをご存知ですか?かなりの回数の旅行をしないと無理だと思って、利用しない人も多いようです。でも、よくプログラムのルールを読めば、利用しない手はありません。

■マイレージプログラムとは?

ほぼすべての航空会社がマイレージプログラムと呼ばれるサービスを行っています。一定期間に15,000マイルなどの一定距離を飛行した場合、無料で往復航空券がもらえる仕組みです。15,000マイルというと、日本−アメリカ西海岸の往復でも到達しない距離。国内だけならなおさら。でも、さまざまな方法でマイルは稼げるようになっています。

■入会する航空会社の選択

マイル獲得のためは1つのプログラムに旅行を集中させることが大原則になります。そのため、航空会社の選択はとても重要になります。私のお勧めはアメリカの航空会社のプログラムです。「アメリカの航空会社だと、海外旅行に行かない人には不利では?」と思う人も多いことでしょう。でも、大丈夫。スターアライアンスなどの世界的な航空会社のネットワークがあるため、国内航空会社のフライトでもマイルを貯め、それを国内航空会社の便で使用することができるのです。
航空会社選びが重要


しかも、アメリカの航空会社の場合、ディスカウントチケットやパックツアーで飛行機を利用した場合のマイルの加算率や、有効期限に関する考え方など、国内各社に比べるとかなり有利。唯一の不安はテロ後各社の経営状況が悪化しており、プログラムをやめないとも限らない点ですが、過去には破産した会社でもマイレージプログラムを継続している場合が多く、大丈夫だと考えています。

参考ホームページ   ユナイテッド航空  マイレージ・プラス
  ノースウエスト航空  スカイマイル
  全日空  マイレージクラブ
  日本航空  マイレージバンク
    マイレージの達人

■マイルの獲得と使用のバランス

数多く海外旅行に行くならば、「遠距離はマイル獲得、近距離はマイル使用」のルールによるのがよいでしょう。獲得時の航空券価格の差は獲得マイルの差ほど大きくないのに対し、使用時の必要マイルの差は流通している航空券価格の差よりも大きいからです。説明がややこしいので、下の表をご覧下さい。

路線(往復) 獲得マイル 総費用 マイルあたりコスト
日本−アメリカ東海岸 15,000マイル 12万円 8円
東京−札幌 1,000マイル 5万円 50円
 
路線 必要マイル 価格 マイルあたり価値
日本−アメリカ東海岸 60,000マイル 12万円 2円
東京−札幌 15,000マイル 5万円 3円

■各種のボーナスマイル

どのプログラムにも提携レンタカーや提携ホテルなどがあり、フライト以外でもマイルが獲得できるようになっています。中でも大きく稼げるのは提携カードによるショッピングマイルです。この他、最近では、スルガ銀行ANA支店のように、銀行取引でマイルを貯めることが出来るようにもなってきました。この場合、住宅ローン残高によっては、毎年国内旅行が出来る計算です。給与振込口座に指定するだけでも、毎月50マイルが稼げるんですよ。

■提携カードでショッピングマイルをGet

会社によりけりですが、多くの会社では100円の利用に対し1マイル程度獲得することができます。20,000マイルでアジア往復の航空券がもらえるとすると、200万円の買い物でアジア往復の航空券がもらえるわけです。航空券の価格をディスカウントチケット並みの5万円としても、還元率は2.5%。年会費が必要とは言え、クレジットカードの他のポイントサービスよりもはるかに高い還元率です。

カード会社 提携航空会社
JCBカード 日本航空、全日本空輸、ユナイテッド航空、アリタリア航空、大韓航空、エールフランス航空、シンガポール航空、デルタ航空、タイ国際航空、コンチネンタル航空
三井住友カード 全日本空輸、シンガポール航空、アリタリア航空、アメリカン航空、エールフランス航空
VISAカード 日本航空全日本空輸、 デルタ航空
セゾンカード ユナイテッド航空
三菱UFJニコスカード 日本航空、大韓航空、アリタリア航空、スカイマークエアラインズ、コンチネンタル航空、ルフトハンザ航空
UCカード ユナイテッド航空、アシアナ航空
ダイナースクラブカード 日本航空、全日本空輸 、デルタ航空 、アリタリア航空

■1回のアメリカ旅行でもう1回アジア旅行できるケースも

航空会社の系列旅行会社で旅行すると、ボーナスマイルがもらえるケースもあります。例えば、ユナイテッド航空の系列のユナイテッドバケーションの場合、アメリカ往復で5,000マイルのボーナスがもらえます。ニューヨークへの単純往復で13,000マイル、ボーナス5,000マイル、それに旅行代金の支払を提携カードで支払えば、それだけで20,000マイルに到達しそうです。ロサンゼルス往復のケースでも15,000マイルは稼げますから、沖縄や北海道への旅行が出来ますね。
アメリカの後はアジア旅行

私のマイル獲得、使用歴(マイレージプラス)

  獲得 使用 残高
国内旅行 1,000    
卒業旅行(アメリカ往復) 16,000    
新婚旅行(アメリカ往復) 16,000    
新婚旅行のボーナス
ユナイテッドバケーションを利用)
5,000    
その他ボーナス 2,000    
ショッピングマイル 75,000    
       
タイ往復(1名)   20,000  
北海道往復(2名)   30,000  
北海道往復(3名)   45,000  
       
マイル残高     20,000

 


トップへ