食費の節約
食費は通常の食費と外食費に分けられますが、ここでは家で食べるものだけを考えたいと思います。

■肉・魚類の買い方

主婦ならみんなご存知ですよね。サラリーマンが今さら言うことではないかも知れませんが、安いのは閉店前、 特に定休日前の夕方は投売り状態です。その日の昼まで普通に売られていたものですから、品質には何も問題ありませんし、恥ずかしくもありません。買って帰ったら、使う分だけ小分けにしてラップで包んで冷凍し、痛まないようにしておくといいですよ。

■冷凍食品の買い方

仕入れ値が定価の5割なのでしょうか。どこのスーパーでも時々「冷凍食品全品4割引」セールをやっています。この日以外には冷凍食品を買わないことに決め、セール日にまとめ買いしています。冷凍食品はいつ買っても同じものですから、少しでも安く買いましょう。

■冷蔵庫の中を把握する

食費で一番もったいない無駄は、賞味期限切れになったものを捨ててしまうことです。安いからと、使う予定のないものを買うと無駄が出がちです。使うかどうかをよく見極めてから買い物をしましょう。 そして、冷蔵庫の中身を常に把握しておきましょう。また、賞味期限切れのものを見つけたら、すぐ使う予定がない限り、冷蔵庫から出してすっきりさせましょう。「とりあえず・・・」と置いておく人が意外と多いようですよ。

■スーパーのポイントサービス

最近、大きなスーパーではポイントサービスをやっているのをよく見ます。100円程度でポイントカードを作成し、購入金額の1%を商品券で還元するものです。 毎日の買い物に使うスーパーでしたら、すぐに元が取れるのでぜひともカードを作っておきましょう。

しかし、「ポイント2倍セール」に引っかかってはいけません。 ポイントは高々1%。2%になったところで、5,000円買い物しても50円得するだけ。それならば、他の特売日に買い物して、100円、200円安いものを買った方がずっと得です。 ポイントはあくまでおまけと捉え、ポイント狙いに買い物に行くことはやめましょう

■プライベート・ブランド

コカ・コーラや日清カップヌードルのような大手メーカーによるブランド(ナショナル・ブランド:NB)ではなく、おもにスーパーなどの流通業界による自社ブランドを、プライベート・ブランド(PB)といいます。当然といえば当然ですが、PBの方が安価です。

PBとNBの商品比較をすると、具が多いなどでやはりNBの方が評価が高くなりますが、商品によってはほとんど差がないことや、味はPBの方がいいこともあります。また、一部PBは、NBで知られる業界トップ企業や2番手企業が作っています。安全度もNBと大きく差はないでしょう。

品質、量、価格の総合点では、数あるPBの中でも、セブン・イレブンのセブンプレミアム、ジャスコ、マイカル、ダイエーのトップバリュの評価が高いようです。

■スーパーのクレジットカードで5%OFF

スーパーやグループ会社が発行するクレジットカードを利用すると、5%の大幅割引を受けられることがあります。うまく利用すると、食費や日用品費が大きく節約できます。ほとんど年会費無料のカードですから、作っておいて損はありません。普段、あまり値段が下がらないものは、この日にまとめ買いするといいですね。

主なカードと、適用日、対象店舗は、次のとおりです。

カード名 適用日 適用店舗
OMCカード 第2,4日曜 ダイエーグループ
イオンカード 20日、30日 ジャスコ、マックスバリュ、サティ、ビブレ
セゾンカード
出光まいどプラス
など
5,20日 西友、LEVIN
イズミヤカード 第2土日 イズミヤ

我が家でも、イオンカードとイズミヤカードを活用しています。

■株主優待で割引

スーパーを経営している会社の株式を持つと、割引という形で株主優待を受けることが出来ます。例えば、ダイエー。約5万円の投資で、年間最大2万円の割引を受けることが出来ます。ダイエーをよく利用するのなら、株主になるのも節約の1つの手です。

この他、イオン系のスーパーの株主優待も魅力的です。ただし、株式投資にはリスクが伴いますので、ご注意を。

スーパー名 銘柄 株数 投資額 割引内容 上限額 権利確定
ダイエー ダイエー 50株 5万円 5%割引 買上額 20万円 2月、8月
100株 10万円 買上額 40万円
150株 15万円 買上額 60万円
200株 20万円 買上額 80万円
250株 25万円 買上額100万円
ジャスコ・マイカル・
マックスバリュなど
イオン 100株 20万円 3%キャッシュバック 買上額100万円 2月、8月
1000株 200万円 5%キャッシュバック
3000株 600万円 7%キャッシュバック
マックスバリュ、
ジャスコなど
MV北海道 100株 18万円 1割引 100株:買上額5万円
1000株:買上額10万円
2000株:買上額20万円
3月
MV東北 100株 10万円 2月
MV東海 100株 18万円 2月
MV中部 100株 10万円 3月
MV西日本 100株 15万円 2月


トップへ