私が節約生活を始めたわけ
私は、元来無駄遣いはしない方でしたが、気にいったことには躊躇なくお金を使う方でした。それが、節約生活を始めるに至った経緯を簡単にご説明しましょう。

■結婚・マイホーム新築

21世紀を迎えると同時に妻と結婚しました。私と妻と双方の希望で家は一戸建てを新築しました。分譲価格にオプション、諸費用を含めて約3,500万円の買い物でした。お互いそれなりの貯蓄がありましたので、自己資金を合算し、私の親から無利子無期限で300万円の融資をしてもらい、2,200万円のローンを組みました。退職後まで支払いの可能性を残したくないので、「イバラの道」25年ローンとしました。当面の返済は毎月95,000円でした。

■妊娠発覚〜節約生活へ

妻には共働きしてもらうことをお願いしていました。私1人の稼ぎでは、とてもローンを返済できません。結婚を機に退職した妻の失業給付金が45万円ほどあるということで、給付が終わってから新しい職を探すことにしていました。ところが・・・失業給付を受ける前から、妊娠してしまったのです。子供が欲しかった私にはこの上ない喜びでしたが、ふと家計を考えると、恐ろしい現実が待っていました。妻の収入が絶たれるだけでなく、これから子供のための費用も必要になってくる・・・果たしてちゃんと生活していけるのか、不安感から生活を切り詰める方法をいろいろと考えました。その集大成がこのホームページです。


トップへ